皮膚科 アレルギー科 小児皮膚科 美容皮膚科

たこ・うおのめの治療

たこ・うおのめは、足の皮膚が圧迫されたり、繰り返し摩擦を受けることによって発症します。

たこもうおのめはどちらも皮膚が固くなり、痛みを伴うことがあります。

平らに厚くなるのをたこ(胼胝:べんち)と呼び、中央部が極端に厚くなるのをうおのめ(鶏眼:けいがん)と言います。

たこやうおのめができる原因の多くは、靴が足に合っていないことです。

大きすぎる靴や小さすぎる靴、ヒールの高い靴でもたこやウオノメができやすくなります。

外反母趾などの足変形があると、できやすくなります。

なるべく自分の足に合った靴を選び、必要によってはインソールで足変形に対応するなど、足に負担をかけないことが大切です。

自分で削ると、炎症を起こすこともありますので、自分で処置をする前にまずは、当院にご相談ください。

休診日 土曜・日曜・祝日 TEL 03-6479-4498 診療時間:9:30~13:00 15:00~17:00[木曜18:00まで]

PAGETOP
Copyright © 世田谷区 下馬 下馬皮膚科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.