皮膚科 アレルギー科 小児皮膚科 美容皮膚科

陥入爪、巻き爪の治療

陥入爪とは、爪が周囲に食い込んで痛みや腫れを伴う状態です。

爪幅が生まれつき広い人や、爪の変形や足の変形があると起こりやすく、

爪の切りすぎや切りそこねを契機に症状が出ることが多いです。

当院での治療

細菌感染があることが多く、抗生剤の内服で症状が治まることもありますが、難治な場合もあります。

難治な場合には、切りすぎた爪に人工爪を作る方法や、爪変形を矯正する方法、

さらには手術を行って適正な爪幅にする方法などがあります。

爪の状態や足の状態によって治療法は変わってきますので、その方に合った方法を選択していきます。

※一部自費診療がある場合があります。

休診日 土曜・日曜・祝日 TEL 03-6479-4498 診療時間:9:30~13:00 15:00~17:00[木曜18:00まで]

PAGETOP
Copyright © 世田谷区 下馬 下馬皮膚科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.